2012年4月23日・・・


読者290名のメルマガが、ひっそりと産声を上げた。

配信直後から「なんだこのメルマガは!?」
評判になり、ある人は絶賛し、ある人は明らかに嫌悪感を示した。

それは、なぜか?

このメルマガの全てが常識外だったからだ。


セオリー通りにコツコツと真面目にメルマガを発行していた
人からしたら、それは到底認められない話だったに違いない。


それもそのはず・・・


このメルマガはなんと!


読者から紹介された者しか読むことが許されない
完全招待制、しかも審査ありの超閉鎖的なメルマガ
だったからだ!







「そんなメルマガで、どうやって稼ぐんだ!」

と、あなたは思うかもしれない。


大多数の人からも、

「そんな方法でうまくいくわけはない!」

と、言われた・・・


が!!


大方の予想を、あっさりと裏切り・・


当初、たった300名程度のメルマガにも関わらず、
数々のアフィリエイトランキングで上位に食い込んだのだ。


驚くべきはそれだけではない!


どんどんと、口コミだけで読者は増え続け・・・
わずか、4ヶ月でメルマガ登録者は4000名を超えるまでに自動増殖するのだ!
(そのうち2200名を強制解除。)


しかし、発行開始からわずか4ヶ月後の8月に
突然、「今月で最終回にします。」と宣言し、


その宣言通り、同年8月31日に惜しまれつつ最終回を迎え、


そして忽然と姿を消したのだ・・。







報酬額の内訳














そして、廃刊後も「復活希望の声」が絶えなかった。


頂いた感想を一部抜粋しました

















まだまだたくさんの感想を頂いたので、動画にまとめました!







こんにちは、カプセルZの福田と申します。


冒頭の「非常識(クレイジー)」なメルマガ
発行していた者
です。


これから、
私が、どうやって、このような結果を出したのかを
今から、余すことなくお伝えしたいと思うのですが・・・


しかし・・・


本当に、あなたに伝えるべきか、正直、迷っています。


あ、もちろん「ケチ」な気持ちで言っているわけではなく・・


一つだけ大きな問題があるからです。


もし、あなたが、
今まで、一生懸命「リストを増やせ」と言われ、
その教え通りずっと、リスト集めに奔走していたとしたら・・・


きっとあなたは、相当なショックを受けると思うからです。


例えるなら・・・

ダイエットに大敵だと思って、
泣く泣く我慢していた大好物の「焼肉」や「マクドナルド」が、
実はダイエットには最適だったのだ!
と学会で発表されるくらいショックでしょう。

(オーマイガーーーー・・・)

もちろん、そんな事実はありませんが(笑)


「今までのオレの努力は何だったの・・・?」と、
脱力して、髪の毛が抜け落ちるほどショックを受けるのは間違いありません。


信じて疑わなかったものが、実は全くのデタラメだったというのは、
精神を崩壊させかねないくらいショックなことですからね。



それでも、
真実を知りたいと思う方だけ
、私の話を聞いてください。

そんなに時間は取らせません。



ただし・・・

あくまでも、冷静に・・・



冷静に・・・です。




心の準備は良いですか?



それでは、お伝えします・・・。














・・・いかがでしょう?


ショックを受けていませんか?
髪の毛がごっそり抜け落ちていませんか?



でも、これは紛れも無い事実です。



実際に私は、
13000名の読者を290名に減らした途端に
売上が5倍に上がった
のですから。








あなたに質問です。


あなたのメルマガのクリック率の平均は・・・
30%未満ですか?
それとも、30%以上ですか?


もし、30%未満であれば、それは「メタボメルマガ」です。


もし、そうであれば、売上を上げるのは一瞬で出来ます。

今すぐ読者数を減らしてください。


それだけです。


それだけで売上は、恐らく2〜5倍に跳ね上がるでしょう。

是非、お試し下さい。


え?

読者を減らして売上が上がるなら誰も苦労しないって?

いやいや!

騙されたと思ってやってみてください!


それだけで本当に面白いくらいに売上は跳ね上がりますよ。


そうですね・・・

例えるなら・・・

ムダな贅肉をそぎ落として、必要な筋肉だけを鍛えるイメージです。


一生懸命リストを増やしては、不特定多数の人に一方的に毎日
メルマガをばら撒いているのはメタボメルマガです。


多くのメルマガは、メタボです。


しかし、メタボメルマガは、
人間とおなじで、
どんどん反応は悪くなる配信速度も落ちる
迷惑フォルダにも入りやすくなる、など、良い事なしです。


でも、多くの人が、メルマガ読者を増やすことが売上アップに繋がると信じて、
一生懸命、太ろう太ろうとしているようにしか見えません。


まるで、毎食「マクドナルド」や「ケンタッキー」を
食べてるようなイメージ
です。


そんなメルマガ、すぐに病気になりますよ。


(「えーーー・・機械で計るまでもなく病気ですね。」「え!?」)


とはいえ、そういう私も、元々はメタボメルマガの発行者でした。

そこで、私のメルマガも13000名いましたが290名に減らしたところ、
初月から150万円の収益が上がったのです。


以前は、20万円そこそこの収益だったのが・・

逆に読者数はわずか2%程度まで減ったのに
収益は実に5倍です。


それだけじゃありません。


それまで、ほとんど来ることのなかった「感想メール」まで
山のように届くようになったのです。


見事ダイエット成功です(笑)

私は、理想の細マッチョのボディを手に入れたのです!!



ここで強く言っておきたいのは、

全く別の所から登録した「読者290名」ではなく・・・
13000名の中に含まれていた290名の読者なのに。

ということ。


ここがポイントです。


つまり13000名の中にいた時は眠っていた読者の方が、
290名に読者を絞った途端に活発に反応してくれるようになったのです!

健康な体になり、代謝も良くなった感じです。


不思議ですよね?


ただ!!!
無意味に読者を減らすのは、ちょっと待って下さい!



闇雲に読者を減らすだけではダメなのです。



ここにも大きなポイントがあるのです。





人間でも同じですが、
正しくダイエットをしなければ逆効果です。


絶食ダイエットなどしては、
いくら痩せても余計に病気になってしまいます。


食べ過ぎず、そして適度な運動をして、基礎代謝を上げるのです。


その為に、これから正しいダイエット(読者の減らし方)の方法をお伝えします。


その前に、
まず読者を減らした方が売上が上がるというロジック(論理)
理解してもらう必要があります。


一般的に「メールアドレス」を集めれば、比例して売上が上がる
と、言われていますが・・・

それ、大ウソですから。



メールアドレスを増やせば比例して売上が上がるなんて・・・
それ、2年前までの話ですよ。



残念ながら、
メールアドレスをいくら集めても売上は上がりません。


例え、上がったとしても一瞬で終わります。


なぜなら・・・
メールアドレスは読者とは限らないからです。


むしろ・・・


メールアドレス≠読者

と思ってください。


メールアドレスはただの郵便ポストであって、人ではないのです。



その郵便ポストに届けた「メルマガ」を読んでくれて
初めて、読者と呼べるようになるのです。


実際に、メルマガの一般的な平均クリック数は2〜5%
言われています。

と、いうことは裏を返せば95〜98%の人は、ほとんど読んでいない
ということです。


バンドの東京ドームライブで98%空席の光景
思い浮かべて下さい。



ゾッとしますよね?
もう、目を合わせられないくらい気まずいですよね?

でも、メルマガだと、それで良しとしてるんです。


最近では、「捨てアドレス」と呼ばれる、
元々読む気のないフリーアドレスで登録する人
も増えていますから、
そんな人間不在の郵便ポストをいくら集めても、
そりゃあ稼げるワケない
んですよ。







そもそも、
メールアドレスには種類というか濃度があります。


大きく5つに分類出来ると思うのですが・・・

「メールアドレス」「読者」「顧客」「リピート客」「ファン」

と、まるで出世魚のように、
メルマガ配信者と読者との距離感に応じて変化していくのです。


(下に行くほど、読者との関係は深化していく。)


一般的に「メールアドレス」を集める事に注力している人は、
この5つの分類すら出来ていないことが多いです。







私は、徹底的に「読者」さんとの距離感を大事にしています。


つまり、
どれだけの「メールアドレス」を集めるかではなく、
どれだけ価値観の合った「人間」を巻き込めるかどうか?

がポイントになるのです。


そもそも、「メールアドレス」を「リスト」と呼んでると
だんだん人間ではなく、パソコン相手にメルマガを
発行している感覚に陥ります。



こういうのって言葉が潜在意識に影響を与えちゃうんですよね。


私も、便宜上「リスト」という単語を使うことはありますが、
自分の読者さんは「名前」、もしくは「読者さん」と呼んでいます。


それは、ウチのスタッフにも徹底しています。

人間、誰しも「リスト」なんて呼ばれたくないですよね?


これからは、
もっと「人」を見てメルマガを配信する事が求められているのです。


しかし、反対に、ちゃんと読んでくれる読者さんであれば
わずか400名で月収100万円を稼ぐことも可能なのです。









では、なぜ少人数の方が稼げるのか?


それは、もう繁盛店の必須条件。

つまり・・
「リピート」です。


今までのアフィリエイトでは、
誰が、何を申し込んでくれたのかが、アフィリエイター側は把握出来なかったので、
「リピート戦略」が立てづらかったという背景もありました。


その結果、新規客を集め続ける「量」の戦略をとるしか
売上を伸ばす方法がなかったのです。


ところが、最近はメール配信システムの機能が充実してきて
顧客管理が容易に出来るようになりました。


すると、どんな事が出来るようになるのか?

「優良顧客」を「ひいき」する事が出来るのです。


「ひいき」というと言葉が悪いですが、
要はお客様に「お礼」を出来るようになったのです。


すると、優良顧客の方々が、またリピートをしてくれるのです。








先ほど、
13000人の中にいた290人だけ抜き出して、
メルマガを発行したら、売上が5倍になった
という話をしましたが、


それでは、なぜそんな不思議な現象が起こったのか?


それは、もちろんランダムに選んで、解除していったわけではありません。

正確に言えば、
「自主的」に「メルマガ」に登録してくれた読者さんだけが残ってくれた
という表現の方が正しいです。


このステップには徹底的にこだわりました。

メルマガでは「代理登録」が多いですが、
代理登録されたメ−ルアドレスに「読者」は、ほとんどいません。


これは、例えれば、

テレビでしか見ることのない、にわかAKBファン

(「大島敦子かわいいな~。」「そんなヤツいないだろ!小島敦子だろ?」)

と、

劇場まで足しげく通う熱狂的なAKBファン

あいうぉんちゅーーーー!あいにーーぢゅーーーーー!!


くらいの熱量の違いがあるのです。


前者はお金を落とすことはありませんが、
後者は周りが不安になるほど使います(笑)


読者の方が「読みたい」と思って、
自主的にメールアドレスを登録してもらって、
初めてメールアドレスが「人間」になるのです。



このステップを飛ばしているメールアドレスは
しょせん、ただのメールアドレスです。


このステップを踏むことによって、
あなたの価値観に合う人だけが集まるので、
熱量が全然変わってきます。



この自らのの意志で集まった、同じ価値観を持っている集団をトライブ(部族)と言います。




このトライブは、ダントツに反応が良いです!


同じような価値観を持っている人が集まると
とんでもない力を発揮します。


その比率が限りなく純度100%に近ければ近いほど
強い集団となります。


これがメタボメルマガだと、
純度が限りなく0に近づくので、せっかく価値観の合う人がいても
濃度が薄まってしまい、トライブにはならない
のです。








ライフタイムバリューとは、
顧客から永続的に取引を続けてもらうことによって得られる利益・価値のこと
ですが・・

これを無視して、長期的なビジネスの構築はあり得ません。


■ 一回も申し込んでくれない読者様なのか?

■ 一回きりの申し込みで終わってしまった読者様なのか?

■ それとも10回も100回も申し込んでくれる読者様なのか?



それによって、同じ読者数1人でも、全く「意味」が異なるのです。


これは読者を単なる「1リスト」という数字で見ていると
どんどん数字化してきてしまって見えづらくなってくるのですが・・・


同じ人間は一人もいないという当たり前のことを忘れては、
今後メルマガどころか、ビジネスで稼ぐことは難しいでしょう。



10回以上リピートをしてくれる常連客の方がもたらす利益は、
「一回きりのお客さん」と比較すると10倍以上の開きがあるのですから。




例えば、一件500円のアフィリエイト報酬の商品を
一回きりのお客さんだけで5万円を作るには・・・

500円×100人=5万円

と、100人のお客さんが必要になります。

ところが、

同じ人が、10回リピートしてくれるとしたら・・・

500円×10人×10回(リピート数)=5万円

と、たった10人のお客さんで達成することが出来ます。

その為にも、あなたのメルマガを楽しみにしてくれる読者さんを
徹底的にひいき
するのです。


実際に、私の読者の方の7割の方は、このリピーターの方で構成されているのです。




いかがでしょう?


なぜ、読者を減らすと売上が上がるのかが、少しづつ
分かって頂けたのではないかと思います。


ただ、これだけでは、まだ第一段階です。


ここからが更に大事なポイントになります。










今は、いろいろな所で「メルマガで稼ぐ方法」の情報を取得する事が出来ます。
しかし、実際に稼げるようになる人は、ほんの一握りです。

それは、なぜか?

理由はカンタンです。


みんな真面目すぎるのです。

「真面目の何が悪いんだ!」と、思うかもしれませんが、
正直言って、ビジネスにおいて真面目というのはデメリッです。


例えば、メルマガで稼ぐ為には、

■ 読者を増やし続けなければいけない。
■ 役に立つ優良な情報を配信し続けなければいけない。
■ 1日も休まずに毎日必ず配信し続けなければいけない。



こんな風に思っている人がほとんどなのです。

言わば「メルマガの常識」というものです。


この「常識」通りに愚直に実行するとどうなるか?

「郵便ポスト」に溢れるチラシと同じように読まれずに捨てられる
存在価値のないメルマガに成り下がるのです。


誰も読んでくれないメルマガを発行するほど虚しいものはありません。
結果的に1ヶ月〜3ヶ月で休刊。もしくは廃刊です。

もったいないですね。


(全っ然読まれない・・・。)

じゃあ、どうすれば稼げるようになるのか?

■ 読者は必要以上に増やさない(300〜1000名が最も効率的)
■ 役に立つ情報でなく、共感を得る情報を配信する。
■ 不定期配信で十分


と、いうことです。


特に、これからは、
媒体力の規模を誇るのではなく、もっと身近な媒体を目指し、
また、実績や知識を自慢するのではなく、その他大勢に埋もれない個性的なメルマガが、
求められているのです。


例えば、あなたのメールボックスを見て下さい。

「●●で月収329万円稼ぐ方法」
「スマートフォンバブル!アプリで●●円!」
「1日たった30分で月収86万円稼ぐWEBセミナー開催」
「3日間限定で無料公開!アメリカ発●●式マーケティング」

などなど、「お金を稼ぐ」という類いのメルマガが溢れていませんか?


正直、ゲップが出るくらいウンザリしていませんか?


正直、ほとんど読みもしないで捨ててるのではないでしょうか?



(おいおい!捨ててる端から入れるかね!?)


ほとんど読みもしないのに・・・
毎日、毎日・・・性懲りもせずに送られてくるメルマガの数々。


でも・・・・
あなたも、これらと同じようなメルマガを発行してませんか?


自分では、山のように来るメルマガにウンザリしているのに、
なぜ、そのウンザリするようなメルマガを発行しようとするのか?

そして、なぜそれで稼げると思うのか?

そこが不思議なのです。

それとも、自分のメルマガだけは「特別」だと思うのでしょうか?
自分のメルマガは、その他大勢のメルマガではない、と?

残念ながら、あなたが「有名人」でもない限り、世間の認識は
その他大勢のウンザリするメルマガの一つ
なのです。







質問です。

あなたは下記の項目の何個が当てはまるでしょう?

あなたは、下記の何個が当てはまるでしょう?
□ 1 リストを増やそうと頑張っているけど、なかなか増えない。
どこか良いリスト収集場所はないだろうか?
□ 2 メルマガを配信して感想メールをもらったことがない。
□ 3 毎日、メルマガの記事を書くのが苦痛で、このまま
続けていても本当に稼げるようになるのか不安。
□ 4 他のメルマガを読んでも面白くないけど、自分のメルマガも
面白いのかどうか良く分からない。
□ 5 親や家族に読ませられない。
□ 6 メルマガを書くときに鬼のような顔で書いている。


以上のいずれか1つでも該当していたら、
あなたはメルマガアフィリエイトには向いてないかもしれません。


即刻、止めたほうが良いでしょう。

時間のムダですから。


で・・・

そんなムダな事やめて、
もっと楽しく稼げる
「劇場型メルマガ」に切り替えましょうよ!


今、「劇場型メルマガ」って何なの?

と、思いました?


これは私が考えた造語なんですが・・・


えー、今までのメルマガが北風だとしたら、これは太陽というか・・・

まぁ、体験してもらった方が早いですね!



とりあえず、百聞は一見にしかずです。


それでは・・・



オホン・・・







福田「バカ野朗!!それじゃあ、俺が言ってる事は
  全てデタラメだって言うのか!?」


私は、目の前の担当者の胸倉をつかんで語気を荒げた!




担当「いえいえ!!決してそういうワケじゃないんですが・・
   しかし、いくら何でも13000名いたメルマガ読者を290名に
   減らした途端に売上が5倍に上がるなんて・・・
   ちょっと、にわかには信じられませんよ。
   逆なら全然分かる話なんですけどね・・・。なら・・。」


担当者は、気まずそうにグラスの水をクイクイ飲みながら
こんな事を言い出したもんだから、こちらも穏やかではいられない!


福「お前は、何も分かっていない!!
  メルマガってのはなぁ、
  0と1の組み合わせで出来てるデジタルな世界とは勝手が違うんだ!!
  えぇ!?
  こちとら、そんな公式で弾きだしたような確率論で
  メルマガ発行しているわけじゃねぇんだよぉ!
  予想外の行動を取る人間さまが相手の『ハートウォーミング』な心温まる、
  トムハンクス主演のフォレストガンプみたいなメルマガを
  書いてるんだよぉお!」


担「は、はぁ・・・でも、その290名の読者も、
  元々はその13000名の中に含まれていたわけですよね?
  それなのに、売上が5倍って・・・」



福「そうだよ!!その通りだよ!だから面白いのさ!

  人間っていうのはな・・・
  いつだって合理的な行動ばかりするとは限らないんだ!
  あのニコラス・ケイジだって、
  映画コンエアーの時には、なぜかハゲなのにロン毛にしていただろう!?
  あんなダサい髪型している主演が他にいるかい!?

  全員が「その髪型ダサいよ?」ってツッコミを入れていたけど、
  そんな事は、お構いなしに、悪党共をバッタバッタと
  やっつけるんだから参ったぜ!」



担「え!?ニコラス?・・・え?え?」


福「お前見たことないのかよ!
  今すぐグーグルで「ニコラスケイジ コン・エアー」で画像検索してみろ!
  腹がねじ切れるくらい笑えるぞッ!!

  こっちはどうしても髪型にピントがあっちゃってよー!(笑)
  あんなに話が入って来ない映画初めてだぜ!
  ダメだ・・思い出しただけでまた笑いが・・
  クックックッ・・たっは!」


(やばい!ニコラスやばいって!!たっはーーーーー!!!)

担「え・・!・ちょ、これ、どういう話・・ですか?」


福「全く、お前も勘の悪い男だね〜。
  そんな非合理的なことを平気でしちゃうのが人間ってもんなんだってことよ!
  それをニコラス・ケイジが身を持って教えてくれてるってことよ!
  でもよー、それが逆に人間味があって俺はニコラス好きだったよ!」



担「なるほど・・・
  た、確かに、宍戸錠も、めちゃくちゃイケメンだったのに、
  豊頬手術を受けて、なぜかブルドッグみたいな顔にしてましたもんね・・。」



福「そうだろう!?豊頬手術なんて日本語あるのかよって!?思わず辞書引いたぜ!(笑)
  しかも60歳になったと同時にそれを摘出する手術を受けたんだぜ!?」



担「ちょ・・そんな・・・えー?なんでまた・・?」


福「そして、後に語ったセリフはこうだ!