ポイントを含めた価格の自動変更の使い方

pointchange

 

プライスターは価格の自動変更をする際の動作を
「出品価格のみをライバルに合わせて変更をする」
または
「出品価格とポイントをライバルに合わせて変更をする」
から選べるようになっております。

 

2016-10-06-10.02.38 

※ Amazonポイントは日本のAmazonのみ導入されておりますため、当機能も日本版にのみ対応しております。 

 

それぞれの設定の場合の動き方と、
設定方法を下記にてご案内しておりますので、
ご参照くださいませ。

 


 ■ 出品価格のみをライバルに合わせて変更する設定の場合の動きかた
(※初期設定ではこちらになっております)

出品価格のみをライバルに合わせて変更する設定
(ご自身の設定したポイントのパーセンテージを保ったまま出品価格のみをライバルに合わせる)の場合は
下記のように変更が行われます。

 

▼ ご自身の変更前の出品価格です。 

変更前の出品価格 ポイント  
1100 円 110 pt(10%)  

 

 ▼ ライバルの出品が下記の状況の場合には・・・

ライバルの出品価格 ライバルのポイント  
1300 円 360 pt  
1100 円 110 pt  
1050 円 0 pt  
1000 円 50 pt ←ココに合わせます

※ 価格の自動変更のパターンによって追いかけるライバルは変わります。
詳しくはこちらをクリック
 

 ▼ ご自身の出品価格は下記のように変更されます。 

変更後の出品価格 ポイント  
1000 円 100 pt(10%)  

ライバルが1000円+50ptで出品をしていますので、
ご自身の出品価格は1000円に変更され、
ポイントは変更前の10%のまま変更されますので
1000円+100ptに変更されます。

※ 赤字ストッパー(もしくは仕入れ価格)がライバル価格より高く設定されている場合は、ご自身の出品価格が赤字ストッパー(もしくは仕入れ価格のどちらか高い方)より低くならないように下げ止まります。

例)上記の状況の時に赤字ストッパーが1050円だった場合は出品価格が1050円、ポイントが105ptに設定されます。

 


■ 出品価格とポイントをライバルに合わせて変更する設定の場合の動きかた

出品価格とポイントをライバルに合わせて変更する設定の場合は、
下記のように変更が行われます。

 

▼ ご自身の変更前の出品価格です。 

変更前の出品価格 ポイント  
1100 円 110 pt(10%)  

 

 ▼ ライバルの出品が下記の状況の場合には・・・

ライバルの出品価格 ライバルのポイント  
1300 円 360 pt  
1100 円 110 pt  
1050 円 0 pt  
1000 円 50 pt ←ココに合わせます

※ 価格の自動変更のパターンによって追いかけるライバルは変わります。
詳しくはこちらをクリック

 

 ▼ ご自身の出品価格は下記のように変更されます。 

変更後の出品価格 ポイント  
1000 円 50 pt(5%)  

ライバルが1000円+50ptで出品をしていますので、
ご自身の出品価格とポイントも同じ内容に変更され、
1000円+50ptに変更されます。

※ 赤字ストッパー(もしくは仕入れ価格)がライバル価格+ポイントより高く設定されている場合は、ご自身の出品価格+ポイントが赤字ストッパー(もしくは仕入れ価格のどちらか高い方)より低くならないように下げ止まります。

例)上記の状況の時に赤字ストッパーが980円だった場合は出品価格が1000円、ポイントが20ptに設定されます。

※ 高値ストッパーがライバル価格+ポイントより低く設定されている場合は、ご自身の出品価格+ポイントが赤字ストッパーより高くならないように上げ止まります。

 


■ 設定方法はコチラです

この設定を行うためには、
プライスターの画面の右上の歯車のマークにマウスを乗せて、
表示されたメニューから「価格の自動変更の設定」をクリックします。

2016-10-06_11_15_45 

 

画面が切り替わったら、
ご希望の設定を選んで決定ボタンをクリックします。

2016-10-06-10_02_38

 

なお、現在のところプライスターでは、
価格の自動変更の設定をユーザー様ごとの全商品に対して
設定をできるようになっております。

商品ごとの設定に関しましては現在はできない状況ですが、
今後カスタムモードの設定内容にこの部分を追加する予定でおります。

カスタムモードにこの機能が導入できましたら、
価格の自動変更の設定ができるようになりますので、
今しばらくお待ち下さいませ。

 

 

 


【価格の自動変更のパターン】

プライスターの価格の自動変更は、
便利な6つのパターンをご用意しておりまして、

【状態合わせ】【FBA状態合わせ】【FBA最安値】【最安値】【カート価格】【カスタム】

のそれぞれを、状況に応じて使い分けてご利用いただけます。

 

各パターンの特徴は
下記にて詳しい解説をしておりますのでご参照ください。

 

【状態合わせ】→ http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=68

【FBA状態合わせ】→  http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=66

【FBA最安値】→ http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=70

【最安値】→ http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=72

【カート価格】→ http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=501

【カスタム】→ http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=3805

 

【価格の自動変更の更新頻度について】



なお、価格の自動変更のスピードはお一人様につき1時間あたりおおよそ約2000件程度となっております。



たとえば、500件の商品に対して価格の自動変更を設定されていた場合はそれぞれの商品に対して約15分間隔の頻度で順番に価格のチェックと変更を行います。

1000件の場合は約30分間隔で価格のチェックをすることができますので、ぜひお役立てくださいませ。

 

 

【価格の自動変更は赤字ストッパーを使おう!】

なお、最近の事例といたしまして、
プライスターのような価格の変更ツールを
使用している出品者さんの価格を引き下げるために

自分が安い価格で出品することによって、
まわりの価格を一時的に引き下げるような
手法を使う方もいらっしゃるようです。

このようなことを防ぐためには、
赤字ストッパーの金額をある程度の価格に
設定しておくのがおすすめです。

赤字ストッパーの機能解説の記事は
下記のようになっておりますのでご参照ください。

▼ 価格の自動変更は赤字ストッパーを使おう!
http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=133

 

関連記事

pristar-logo-ssプライスターロゴ
pristar-logo-ssプライスターUSロゴ
pristar-logo-ssプライスターロゴ
pristar-logo-ssプライスターロゴ
ページ上部へ戻る