【カート価格】モードの説明

【カート価格】モードは新品をなるべく高い価格で
早く売りたいときに使えるモードです。

日本版画像

 

 

カート価格モードでは、
FBAで出品している場合も自己発送で出品している場合も
Amazonのカート価格に合わせるように自分の出品価格を変更します。

※カート価格モードは現在のところ、新品商品限定の機能となっております。
※カート価格はAmazonのシステムから取得するカート価格を参照しております。
※カート取得は出品者としての評価やその他の複雑な要因が関係しているため、
必ずカートを取得できるわけではございませんのでご了承ください。
※最安値の計算は【出品価格+送料の合計価格】です。
※出品価格は仕入価格または赤字ストッパーのうち、
どちらか高い方の価格で下げ止まります。
※条件に合う商品が見つからない場合は価格を変更しません。

 

CSV出品の場合は?

csv出品の場合は、
pricetarace の項目に半角数字で 5 と入力すると、
カート価格モードで出品することができます。

 

カート価格って何?

カート価格というのは、
Amazonの商品ページの右側にある【ショッピングカートに入れる】という
ボタンを押したときに購入できる商品の価格です。

resource (1)

Amazonでは、
商品ページから購入される方がすぐに商品を購入できるように
ショッピングカートに入れる】というボタンを押すと、
その時のカートボックスに入っている商品が
購入される仕組みになっています。

カートボックスに入ると1クリックで購入できるため
非常に売れやすくなります。

 

このカートボックスの仕組みは、
必ずしも最安値の商品が選ばれるわけではなく
商品を購入される方からの評価が高い出品者であったり、
その商品が適正価格の範囲内で出品されていたり、
その他の様々な要因によってAmazon側が
商品を購入される方に安心して購入できる出品者を
選んでいるようです。

※カートボックスの仕組みは
Amazon側でも非公開となっておりますため、
実際にはどのような要因によって選ばれているのかは
不透明な部分がございますが、

良い出品者として販売を続けていると、
カートボックスも取得しやすくなると思いますので
商品を購入される方に満足して頂けるように
販売していきましょう。

 

 

 

 

【価格の自動変更は赤字ストッパーを使おう!】

 
なお、最近の事例といたしまして、
プライスターのような価格の変更ツールを
使用している出品者さんの価格を引き下げるために

自分が安い価格で出品することによって、
まわりの価格を一時的に引き下げるような
手法を使う方もいらっしゃるようです。

このようなことを防ぐためには、
赤字ストッパーの金額をある程度の価格に
設定しておくのがおすすめです。

赤字ストッパーの機能解説の記事は
下記のようになっておりますのでご参照ください。

▼ 価格の自動変更は赤字ストッパーを使おう!
http://capsule-z.net/pricetarhelp_jp/?p=133

 

今ならプライスターが30日間無料でご利用いただけます